読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.2.20

仙台に来てから新しい仕事を始めたわけなんだが、今の仕事が選んでよかったかどうかなんて誰にもわからない。

 

それは多分どんな仕事でも同じで結果的に大事なのは恐らく何をやるかよりも選んだことをどう取り組むかの方が大事。

 

20代前半から中盤は東京や神奈川で音楽活動を経て仙台に流れて来て、思ったよりキツイこともあるけど、やっぱりあの頃よりは充実してるし前に進んでる気がして辛くても頑張れる。

 

音楽やってた頃は、いつの間にかそれなりにライブやって曲作ってって。

 

前に進んでるのかもわからず、客が増えるわけでもなく、人間関係とかでもいろいろあって、バイトしてバイトして金なくて親にも迷惑ばかりかけて。

 

そんな毎日だったから辞められなくて続けてるだけになってた。

 

抜けるに抜けられないほどの闇のような関係もあって、毎日怯えながら生きてた。

 

周りが全員幸せそうに見えて、なんでおれはこんな人生になってしまったのかっていつも考えてた。

 

ある日母親が半年後に友達と旅行に行きたいけどお金がないからって昼間のパートに加えて早朝のパートを始めた。

 

28歳で本当に情けなくなった。

 

親にまだこんな苦労させるんだなって。

 

このままじゃダメだと本気で思った。

 

全てをやり直すために仙台に来た。

 

だから普通よりは遅れ組だけど、こうして真剣になれてることがあるだけで幸せ。

 

給料もらいながら仕事で勉強できるなんて幸せだよ。

 

こう思えるのは20代でお金の苦労を人一倍味わったからかもしれない。

 

だから早く一人前になって母親と旅行に行けるくらい稼いで恩返ししたい。

 

自分に家族ができたらなんて一昔前は考えもしなかったけど、もしそうなったら母親も喜ぶと思う。

 

母親は、おれと兄貴のために人生のどれくらいの時間と労力を費やしただろう。

 

おれと兄貴のために生きてきたんだと思う。

 

おれを育ててよかったって思ってもらえるように明日からまた頑張ろう。

 

ポスト吉永小百合みたいな奥さんほしい。

2017.02.10

 

 

仙台に来て2ヶ月が経とうとしている。

 

やっと生活にも慣れて来て落ち着いたような気はする。

 

チャリに乗るのも久々だし、灯油を使うのも初めて。

 

新鮮な気持ちは何だか楽しい。

 

金さえあれば飲みに行きたいところだが

なんせ20代で積み上げて来たものがあるのでその代償たるや。

 

仙台に来て初めてこの「半田屋」という店を知ったが、借金まみれのおれにはだいぶ重宝している。

 

メニューに若干飽きたところはあるがボリュームがあるから特に不満はない。

 

今は友達の親御さんの借家に住まわせてもらってるわけだが、あんまり長いのもどうかと思うからできれば夏くらいまでには引っ越したい。

 

なんせ今の家には風呂がない。

 

正確に言えば、あるにはあるんだがバランス釜の超面倒なタイプでシャワーもない。

 

さすがに東北の寒さでこれは温まるどころか体の芯まで冷えるような気がして、どうにも気が進まない。

 

しかしやはり家に風呂は欲しい。

 

今は2日に一回、長町駅の鶴の湯という銭湯に通っている。

 

正直ちょっと遠いし金もバカにはならない。

 

工事現場で仕事をしているおれにとっては風呂がないとなると夏が不安で仕方がない。

 

なんとか夏までには引っ越しをして彼女のひとりやふたり作りたいという意識。

 

半田屋の外人の店員さん、いつも福神漬けの量、引くぐらい少ないから今度は絶対言うぞ。